将来的な経営を学ぶなら国内MBA

実際に過去実施されたアンケートによると、MBA取得後の企業残留によって約2割の人が役員待遇にまでキャリアアップしたという結果があります。
準備や受講などMBA取得までの全てのカリキュラムを修了する頃には30代前半となる事から、そこから転職をするとなると、企業からの提示年収は700〜1000万円程度となることが多いです。
欧米では企業とビジネススクールの関係性が強いという事もあり、幹部候補として採用をし、高年収に期待するコトができます。

 

この年収額は標準的な30代前半のサラリーマンと比べて大幅に高額であることがわかります。
しかし日本では終身雇用制が今でも根付いてることから、MBAホルダーを外部からの採用に対して消極的となってます。
MBA取得のメリットとして将来的な年収アップを期待している人も多いかと思います。コレは真っ当な考え方であり、MBAプログラムは経営実務を学ぶことのできるカリキュラムで構成されていますので、MBAホルダーは市場価値を上げることができることから、必然的に年収アップに繋がります。
確かに日本でもMBAが重要視されるようになってきてはいますが、マダマダ欧米などと比べてその傾向が低いのが現状です。
年々MBAへのチャレンジする人がましてきていますが、実際にビジネススクールへ通う年齢の層は数年間の実務経験を積んだ20代後半の人が多くなってます。
MBAを取得するために業務命令としてビジネススクールへ派遣をされた場合、MBA取得後にその企業へ残ることで社内での役職、また人事評価が上がりますので、年収アップが見込めるます。
またMBAホルダーには一般的な社員より高額な年収を支払う必要があり、その高額な年収も採用のネックとなってるようです。

 

また日本ではビジネススクールの知名度よりも、その人のスキルがどの程度あるのかということが重要視されますが、欧米ではビジネススクールランキングが重要視されることになり、ランキングが上位であればあるほど年収が高くなります。