将来的な経営を学ぶなら国内MBA

企業の経営能力を身に付けるMBAはこのグローバル社会で活躍するためには不可欠な資格と言っても言いすぎではありません。そんなMBAですけど、取得をするためには大きく3つからえらぶ事になります。
将来的なことを考えて、思い切って休業をしてMBA取得に集中をするのも一つの考え方デス。

 

ちょっと前まで国内のビジネススクールはとっても数が少なかったのですけど、ちかごろのMBA人気から日本全国で開校し、ワザワザ留学する事なく気軽に取得するコトができるようになりました。
元々MBAホルダーが注目をされているのは外国であり、ほとんどイギリスやアメリカなどでは「キャリアアップの登竜門」的な資格とされています。
また休業することなく、仕事を続けながらビジネススクールに通う方法もあります。コレは国内は海外でももちろん可能で、週末や夜間に通ったり、またネットを通じて遠隔講義を受けることができます。
まず現在の仕事を休業、または辞め、海外留学という形で外国のビジネススクールへ通う手段です。
本場でMBAを取得することによって英語水準も身に付ける事が出来るため、国内の外資系企業はもちろん、海外にて就職することも出来るようになります。そして同じく仕事を休業し国内の経営大学院に進学方法があります。
仕事を続けながらビジネススクールに通うことを検討されているのでしたら、就業時間を考慮しないとなりません。例えば残業が多い方、または不定期な休日や出張が多い方はあまり向かないかもしれません。
今キャリアアップや転職を目的にしてMBAを取得する人が増加してきてます。

 

もし海外留学する場合、そのハードルは非常に高くなります。事前に準備するものとして「願書」「推薦状」「GMATのスコア」「TOEFLのスコア」「職歴」などです。これらを準備するため、一般的に1〜2年程度要し、また海外MBA留学をするためには、学費と生活費を合わせて2年間で2000万円以上が必要になります。ただし必要費用や取得方法は各ビジネススクールによって異なりますので事前にきちんと検討するようにしてください。